カテゴリ「熊野古道」の133件の記事 Feed

2012年2月 9日 (木)

よみがえりの地熊野~熊野那智大社

1月末のJTB熊野三山&南紀勝浦温泉モニターツアーに参加して
ツアーの方々や現地の方々にお話を伺って
記者さんたちともご一緒させていただき
いろんなことを感じ、学ばせていただきました

太古の人々も感じていた自然への畏怖の念

「感謝」を改めて感じるようになったという
地元の方々の美しいお姿

熊野三山をぜひ訪ねてほしいという
地元の方々、それを支えるツアー関係者の皆さん
そして…伝える役目を担った…私たち

帰ってきて…その後…私は
伝えたいけれど
伝えきれずにいたことに気がつきまして…

なんだかモヤモヤしていたのです

やっとですが
思い切って書く気になれました
遅くなりましたが…
気づかせて下さったみなさま
感謝です

~~~

昨年9月4日の台風12号の後
皆さんのご様子を確かめたい…、ご無事でいてほしい…と
私は9月24~25日に現地を訪ねました

9月23日に高野山での取材を終えて
よし行こう!とお山を下りて
大辺路周りで(国道42号経由)串本で一泊
古座川、那智勝浦、那智山、新宮、熊野へ伺い二泊目
熊野から北山川沿いに走って本宮、中辺路、龍神を車で訪ねたのです

24日に一般車がようやく通行できるようになった
那智山へ
社務所を訪ねると、災害報道以外で一番最初の取材者さんですよ~と笑顔で迎えてくださって
こちらもご無事で何より…と本当に涙が出そうになりながら
拝殿や御本殿を案内していただきました

Dvc00104

20日経過の時点できれいにお掃除された境内
もう参拝者さんも訪れていましたよ

Dvc00102

拝殿はまったくご無事で
境内に敷かれていた板は…作業のためのもの…

Dvc00087

正式参拝をすると入れていただける内庭のカラス石のあたり
一輪車やスコップなど手作業で土を運び出されていました
作業の方が来ておられるんだ…と思ったら
なんと皆さん神職の方々
おそらく巫女さんも…
一輪車や小型のブルを器用に操って
みなさんせっせと作業されていました
権宮司さんにもお会いできましたが
日焼けしちゃったよ~なんていいながら
一生懸命みなさんを指揮して作業をされていて、感動でした
これがご奉仕の姿なんだと
頭が下がる思いでした

Dvc00098

普段は入ることができない
ご本殿にも案内していただきました~
裏山から土石流が流れ込んで
埋まってしまってはいますが

ご本殿がゆるぎなく凛と建っておられる姿に
私は本当に背筋がピンと伸びるような
感動の思いでいました

Dvc00100

天照大神を祀る第五殿
Dvc00097

ゆるぎなく立っておられました

本当にほんとうに
私も
揺らいでいないで
ピシッと立っていなければと
思いましたよ

台風から5ヶ月ほどたった現在では
すっかりきれいに土砂も撤去されていて
正式参拝という形でお払いを受けて
入らせていただいた内庭は
きれいになって
前よりもいっそう美しく
輝いておられましたよ

本当にきれいでした

このときのツアーの様子を
読売新聞の写真部動画取材班の記者さんが
とっても素敵な映像記事にされています~

「熊野の観光は安全」ツアーで実感…

みごとによみがえった熊野那智大社のお姿…
YOMIURI ONLINE 動画ニュース【よみがえる聖地】 熊野那智大社

2008年6月19日 (木)

熊野古道牛馬童子が壊された?!

今テレビのニュースで
和歌山県田辺市の近露近くの箸折峠にある牛馬童子像が壊されたと〜
ほんまかいな〜
めちゃショック〜
昨日の午後1〜4時に壊されたらしくて首から上がないらしくてー
なんということ!!
牛馬童子は熊野古道のシンボル的存在
アイドルやのに〜
許せん!
悲しすぎる〜

毎日jpの記事には写真もあります…

↓の関連記事にはありし日のお姿が…

2007年12月24日 (月)

熊野古道中辺路〜川湯温泉

Yctqhl9f 川湯温泉で仙人風呂に立ち寄った帰り
近くの旅館さん、みどりやの前にある飲泉場で
熱〜いお湯をいただきましたよん〜
ほのかに硫黄の香りがして〜
温もります〜
元気に帰っていけそうな気持ちに〜

今回はいろんな温泉水をもいただきましたよん〜
帰って飲み比べ?だわ〜


熊野古道中辺路〜川湯温泉仙人風呂にて

Cdirgqzh 川湯温泉の仙人風呂に入っています〜
暗いところを撮っているのでなんだかアヤシヒ〜

対岸の石垣とか木々とか
うっすらと見えるでしょうか〜

お湯は疲れた足にうれしい温かさ
熊野古道を数日歩いた疲れがいやされるようで〜

クラッチ踏む足の疲れも癒して〜(ミッション車ですので)
がんばって大阪へと愛車で帰っていきます〜

今回もいい旅でした〜
ありがとう〜また来るぜ!

熊野古道中辺路〜川湯温泉仙人風呂

Silibgfi 川湯温泉の川の中に
冬の間だけ登場するのが
仙人風呂〜
その名の由来が
千人入れる大きさだからとか

地元の人が毎年川砂利をほって造成してくれる
川の中の大露天風呂
お湯は川底から湧き出ていて〜川の水を温めるという
野趣あふれるお風呂なのです〜

混浴露天風呂ってのもうれしくて〜

熊野古道中辺路歩きの最後に〜川湯温泉

3rhnnzpw 熊野古道参詣の最後には〜
熊野本宮温泉郷の川湯温泉へ〜

もうすっかり暗くなって
大塔川沿いの旅館の灯りが輝いてます〜

川底から湯が湧き出る不思議な温泉
川面に湯気が漂っているのが見えるでしょうか〜

あああ、泊まれたらよかったですが〜
大阪に帰らねばなりませぬ〜

森の空気と川面を渡る風がすがすがしい川湯温泉
なんだか好きな温泉地です〜
また来るぞ!

熊野古道中辺路〜熊野本宮大社〜来年の干支ねずみさん〜

Clavuymj 熊野本宮大社の境内に立てられたのぼりには
ヤタガラスさんと来年の干支・子歳のねずみさん
そして「感謝」の文字

今年の一年、熊野古道をはじめ、
あちこち行くことができて
ほんとに感謝

みなさまありがとうございます〜
来年もいい年になりますように〜
てまだ早いかな



熊野古道中辺路〜熊野本宮大社に到着!

Dvzlcyyh 熊野本宮大社にたどりつきました〜
熊野古道を歩いてくるとなんだかカンゲキ〜!!

もうお正月近いということで〜
来年の干支、ねずみさんの絵馬がかかってましたよ〜

門の外からパチリ
中に入っての写真撮影は禁止ですので〜


熊野古道中辺路〜熊野本宮大社

Iwcvf4ck 祓戸王子を過ぎて
鳥居をくぐって木立の中を歩くと〜

おお〜いつも表から眺める熊野本宮大社の建物が〜
今日は後から〜そして横から見える〜

熊野古道が通う垣根の向こうに
古色蒼然とした社殿が並んでいます〜

ドキドキ〜

熊野古道中辺路〜祓戸王子

Qz6ek4hr 三軒茶屋跡から展望台を経て山道を歩き〜
いよいよ本宮大社直前!
いきなり住宅地の中に…

それでも祓戸王子はこんもりとした木立の中に
静かに佇んでいました

さて身づくろいをととのえて…
熊野古道歩きの目的地(一応…)
熊野本宮大社へ〜


2007年12月23日 (日)

熊野古道中辺路〜三軒茶屋跡〜展望台の眺め

X44edddq おお〜大斎原の大鳥居が見えます〜
展望台からの景色

いよいよ終着地に近付いてきました〜
カンゲキ〜

熊野古道中辺路〜三軒茶屋跡から展望台へ

Gwxs3zp6 ちょっとより道〜の看板を頼りに山道を登ると〜
ほどなく山上の広場に出ました
どんな景色が見えるのかと進んでいくと〜

熊野古道中辺路〜三軒茶屋跡から展望台へ〜

666l9nak 三軒茶屋跡から関所の門をくぐり
木立に包まれた山道を登ります〜
熊野本宮大社へはもうすぐだとドキドキしつつ〜
ちょっと寄り道の看板に心惹かれて〜

登ってみました

熊野古道中辺路〜和泉式部もカンゲキした〜伏拝王子

Mfcg5arz 式水茶屋さんから坂を登り
さらに小山に上がった場所にあるのが
伏拝王子〜
和泉式部供養等の前からはこんな風景が見られます〜
中央付近に見えるのが熊野川のほとりにある大斎原
明治の頃までかつての熊野本宮大社があった場所で
熊野古道を旅した平安時代や江戸時代の人々は
この伏拝王子から目的地である大斎原を初めて眺めることができ、感動して伏し拝んだのだとか…

かつて和泉式部が熊野古道を旅したときに
この場所で月の障り(生理のことですね〜)となり
「始まっちゃったし〜もう聖なる地におまいりに行けない〜残念!」と歌をよんだところ
熊野の神様が「ええねんええねん、いらっしゃい」と夢にあらわれて〜カンゲキしたのだとか(かなり意訳してますけど)

いいですよね〜熊野の神様
女人禁制とかないし〜
ほんとに広いお心で〜

熊野古道中辺路〜水呑王子から伏拝王子へ〜式水茶屋

4yzxzouc 水呑王子から伏拝王子へ向かう途中
森を抜け出た集落にあるのが式水茶屋
どなたもいらっしゃいませんでしたが〜
温もりのあるログハウス?風の小屋で
ミカンやしいたけなどが
無人販売風に置かれていて〜
中で休むこともでき
ほんとにしんせつ〜

地元の方が個人的になさっているのでしょうけど
ほんとにありがたいですね〜
ユニークな人形といい、おもてなしの暖かい心を感じます〜


熊野古道中辺路〜水呑王子〜

Rfmvnhg2 中辺路の水呑王子の元小学校の建物前を抜けて
森の中へ進む熊野古道〜

石畳の道が風情あります〜

熊野古道中辺路〜水呑王子

60sxof4_ 熊野古道中辺路を歩いたレポートの続きです〜

発心門王子からのどかな田園風景を歩いて
びっくりするような人形のお出迎えも受け
水呑王子へ
ここは元々小学校だった場所で
学校の敷地内に水呑王子の史跡があり
手水鉢に水がちょろちょろと流れてます〜
飲むと甘いすっきりしたおいしいお水でした〜

木造の校舎だった建物の前を熊野古道が横切り〜
再び木立の中へ〜

クリスマスに沖縄ガラス〜ギャラリー靖

Ndtmwydn ギャラリー靖で出会った沖縄ガラスの続きのお話〜

5、6年前にお伺いしたときに
だんなさんをなくした悲しみに沈んでおられたようなギャラリー靖の奥様

その後何度か熊野本宮大社に行くたびに伺って〜
大鳥居を眺めながらステキな器で珈琲をいただいたり
ギャラリーに並ぶ沖縄ガラスのことをうかがったり
ヤタガラスの紅型の布製品など見せてもらったりしてましたが

今回の旅で久々にお伺いしてびっくり〜
店内に真っ赤な美しい沖縄ガラスが並んで〜
イキイキとした花が飾られていて
奥様、輝くような笑顔!
それも真っ赤なセーターを着て〜ニコニコ!
「さっき野イチゴ摘みに行ってきたのよ〜」
と少女のようにホホを染めて…

沖縄にガラス修業に出られていた息子さんが(どうやらお嫁さんを伴って?)帰ってきたんですね〜

店の裏にはガラス工房を建てているところで
来春からはガラス手づくり体験なども始めたいと

「ぼくが留守の間母がお世話になっていました〜」とご挨拶されて〜しっかりした息子さんですよん〜なかなかイケメンの…

奥さん、とってもうれしそうで〜
見事に復活されたんだなあ〜と私もうれしかった

帰るときに手渡してくれた
赤い実の植物とともに
息子さんが修業されていた沖縄のガラス工房の
月桃のグラスを部屋に飾って〜

よかったな〜と
であった方が幸せになることが
一番うれしいですね〜

これから、ほんとに楽しみです〜
熊野古道、熊野本宮発のガラス
どんな作品を発表してくれるか楽しみです〜

クリスマスの飾り〜沖縄ガラス

Q4flpdoz こちらは熊野本宮大社の前にあるギャラリーカフェ「靖」さんで見つけた沖縄ガラス〜
月桃の葉で染めたという不思議に落ち着いた色ーキャンドルの明かりごしにみると思わずホッとするような温もりがありますー

このグラス
今回の旅の格別の思いがあります

もう5、6年前のこと
熊野本宮大社へ旅した時に〜道沿いに新しくギャラリーができていたので訪ねてみたらー
でてきた奥様はなんだか暗い表情
聞くと、だんなさんと始めようとギャラリーを建てたけれど、突然亡くなられたそうでー
奥様は優しかっただんなさんの思い出話を聞かせて下さいましたよー

店内には女友達である作家さんの温もりある陶器
ガラス作りの修業に出かけた息子さんから送られてきたという沖縄ガラスはブルー系が多かったような〜

続きはまたー

クリスマスの飾り〜

Bmvd7kxv サンタさんとスノーマンのキャンドルホルダーは〜
近所のケーキ屋さんで買って食べたプリンの器なのですー
キャンドルたてたらピッタリでしたー

このブログの使い方~

  • このブログの便利な?使い方~akikoからの伝言
    検索でこのサイトに来た方は… ①上の「~/メイン/~」の両側のタイトルをクリックすると~前後の記事に飛べます ②下の投稿時刻の横にあるカテゴリー名をクリックすると~同じテーマの記事をまとめて見ることができます ③「メイン」をクリックすると~最新の記事が見られます ④小さな写真はクリックすると大きくすることができます ~お引越しして使いにくくなっちゃってゴメンナサイ~

お知らせ~

お世話になっております~リンクリスト

今夜のお月様と星空