カテゴリ「奈良の旅」の23件の記事 Feed

2013年6月 7日 (金)

春日旅〜森神社

春日旅〜森神社 春日旅〜森神社 春日旅〜森神社 春日旅〜森神社 春日旅〜森神社 春日旅〜森神社 安倍山をお参りした一行
北上して三輪山を眺め
石上神宮の入り口を眺めて
天理市内へ

森神社は
国道沿いの小さなお社
ですが
式内社の太祝詞神社であるとの説も〜対馬からかんじょうされたという…

それもすごいのですが
道で寸断された森の奥に

祓戸社〜その名も姫大神社〜が残されて
川のほとりにみそぎ場の跡も

その昔
伊勢の斎宮も
そして
大峯山の修験者もここで身を清めたのだとか…

いろんな歴史を人びとを
この大きな木の傍らの
小さな祠に祀られた神様は
見守ってこられたのだろうなと

旅の最後に
とてもとても
素晴らしいところに
たどり着いたのでした
感動でした〜


感動のあまり
奈良の駅前で
美味しいお酒を
yukoさんと
いただいたのでした〜

豊祝の生酒
美味でした〜

みなさま
ありがとうございました〜

春日旅〜安倍山史跡と安倍文殊院

春日旅〜安倍山史跡と安倍文殊院 春日旅〜安倍山史跡と安倍文殊院 春日旅〜安倍山史跡と安倍文殊院 春日旅〜安倍山史跡と安倍文殊院 春日旅〜安倍山史跡と安倍文殊院 春日旅〜安倍山史跡と安倍文殊院 春日旅〜安倍山史跡と安倍文殊院 春日旅〜安倍山史跡と安倍文殊院 春日旅〜安倍山史跡と安倍文殊院 春日旅〜安倍山史跡と安倍文殊院 春日の神様の
御神蹟を尋ねる一行

室生からバスで今度は
桜井近くの
安倍山界隈へ

藤原京の東に位置するおやま
安倍山に
タケミナカタノミコトさまが鎮座されていたそうで〜
のちに平城京の東に位置する
春日山に遷座されるのですが

その
旧鎮座地界隈は
古墳やら
柿の木と栗の木畑

安倍寺の跡や
安倍文殊院
そして安倍晴明さんが天体観測したという高台があったり

陰陽道の関わりから
白山神社がまつられていたり

お参りした
御本堂の国宝文殊菩薩像は快慶の作で
これまた獅子に乗った旅姿で
とってもイケメンさん…
なんだかバイクに乗ってる姿みたいだなあと
思いましたよ
カッコいい!!

神様も仏様も
皆さん旅するんだなあと
つくづく思いましたよ

春日旅〜室生寺前の

春日旅〜室生寺前の 春日旅〜室生寺前の 春日旅〜室生寺前の 室生龍穴神社から
室生寺門前の
橋本屋さんでお昼ごはん〜

山菜料理
やまといもがとろりとして
とっても美味でしたよん

食後に
界隈を散策して
川を望む茶店というか
よもぎいり回転やきやさんの
テラス席に座って
川を眺めてひとときを

手作りの甘酒も
濃厚で美味しく
夏バテ解消できそうな


室生寺への橋が見えて
いい眺めです

室生龍穴神社の祭礼では
室生寺の特別な門を開けて
参拝の行列が進むのだとか

つながっているんですね〜

川の水が少なくて
鮎が育つか
心配になってしまうほど

どうか恵みの雨を〜

春日旅〜室生龍穴神社の

春日旅〜室生龍穴神社の 春日旅〜室生龍穴神社の 春日旅〜室生龍穴神社の 春日旅〜室生龍穴神社の 室生龍穴神社で正式参拝をさせていただき

山の上の奥の宮
龍穴へ

クルマで山道をのぼって
歩いて谷へおりたところに
拝殿が〜

その奥には
ぽっかりあいた
洞窟

猿沢池の龍神さんは
ここへいらしたんですね

春日とつながっているとも


大阪湾に注ぐ淀川の上流
木津川の源流のおおもとにあたるそうで
古来
雨ごいの祈りを捧げた地

しかし
普段は滝が流れているはずの
谷川に水はなく

………

祈りの大切さを
ひしひしと
思いましたよ

2013年6月 6日 (木)

奈良〜春日旅〜室生龍穴神社

奈良〜春日旅〜室生龍穴神社 奈良〜春日旅〜室生龍穴神社 奈良〜春日旅〜室生龍穴神社 室生の
龍穴神社に
皆さんで
正式参拝をいたしました

杉木立に包まれた境内は
高野山の奥の院にも似て…
独特の雰囲気

拝殿には
善女龍王社の額

アメノコヤネノミコト様もまつられてます

水の神様
タカオカミノカミを祀る
祈雨止雨の古社

どうか
恵の雨を…と
祈らずにはおられませんでした

神職さん
イケメンでした

初夏の春日旅〜針春日神社

初夏の春日旅〜針春日神社 初夏の春日旅〜針春日神社 初夏の春日旅〜針春日神社 初夏の春日旅〜針春日神社 初夏の春日旅〜針春日神社 初夏の春日旅〜針春日神社 昨日のツアーは
春日大社を出発して
バスで針へ

東国の鹿島から
鹿さんに乗って
春日大社の神様である
タケミカヅチ様が
名張を経て
この地にお立ち寄りになられたのだとか

のちに
坂ノ上長者さんがアメノコヤネノミコトを
かんじょうして
お社をたてたのだとか

針春日神社の宮司さん
いろいろ説明してくださり
面白かった

春日大社の宮司さんとも
いろいろお話されてましたよん

奈良〜初夏の春日旅〜釆女神社

奈良〜初夏の春日旅〜釆女神社 奈良〜初夏の春日旅〜釆女神社 奈良〜初夏の春日旅〜釆女神社 昨日は
春日大社主催の旅にお出かけしてました〜
早朝の集合
JR奈良駅からてくてく歩いて
春日大社に向かいましたよん

途中お参りしたのが
猿沢池のほとりの釆女神社
この池に身を投げた
釆女さんをまつってるのだそうですが

ここにいた龍神さんは
春日のおやまの池に行き
それから室生龍穴に遷られたのですね〜

神様も
あちこち
お引っ越しや
旅をされるんですね〜

2013年6月 5日 (水)

朝の奈良の春日大社

朝の奈良の春日大社 朝の奈良の春日大社 朝の奈良の春日大社 朝の奈良の春日大社 朝の奈良の春日大社 二の鳥居を一礼してくぐると
空気が一変しました

鹿さんの手水舎で身を浄め
払戸社にお参りして本殿へ

藤の葉っぱも
おやまも輝いて
なんだかホッとするような

不思議ですが
ふるさとに帰ってきたような
気がしますよ〜

奈良の子鹿の

奈良の子鹿の 奈良の子鹿の 奈良の子鹿の 子鹿さんの
公開をしてるんですね〜

でも11時から

また次回に〜

朝の奈良

朝の奈良 朝の奈良 朝の奈良 朝の奈良 おはようございます

近江山河紀行を書いてる途中ですが
ちょっとお出かけ

朝の奈良公園
春日大社への参道を
歩いております

すでにちょっと汗ばんでおります
早起きして良かったかも
鹿さんも歩いてます

2013年5月24日 (金)

天川洞川巡り〜嫁ヶ茶屋にて

天川洞川巡り〜嫁ヶ茶屋にて 天川洞川巡り〜嫁ヶ茶屋にて 天川洞川巡り〜嫁ヶ茶屋にて さて
今回の天川洞川巡りで
私がメインに目指していたのは
天河弁財天社でも
大峯山でもなく…

この洞川の嫁ヶ茶屋



といっても過言ではないくらい…

こちらでいただいた
美味しいメニューの数々
ありがたかったです
感謝でございます

三日間煮込むというカレーライスも
名水豆腐と畑のお肉とひりょうずが美味な定食
濃厚まったりプリンも
タンポポコーヒーも
美味しゅうございました

お山の行きも帰りも立ち寄ってしまいましたから




本当は
蛇之倉
七尾山に登拝に伺いたくて
先達も勤めていたという
若女将さん?に
いろいろ親切に教えていただいたのでした

七尾山は
写真撮影も
マスコミ各誌の掲載報道も
一切お断りという聖地で〜
ずっと
一般の人も入ることのできない場所でしたが
終戦まもなくの
人びとが精神的に荒廃した時代に
祈りの場をと
門を開いてくださったそう

大峯山とは違い
女人も受け入れてくれる
ありがたい聖地なのです

今年5月3日に
落慶したばかりの
陽明門をくぐり
受付を済ませ
礼拝の仕方を教えていただき
白衣を着て
六根清浄を唱えながら
一時間ほど山道を登った先の
孔雀門の奥にある
鍾乳洞の霊地で
山行者さんと
祈りを捧げたのでした


なかなか
たどり着けない場所なのだそうで
この数日前まで
門を閉ざしていたそうで
すっとたどり着けたのは
不思議なご縁でした

なぜか
ご縁をいただき
三人で無事に
お参りすることができて
本当に
感謝でございました

まるで
お母さんのお腹に
胎内に入ったような
不思議な空間で
お会いした
ご本尊さま

何かを感じるとか
パワーをいただくとか
というより
ひたすら静かで静寂で
無に還るような
そんな体験をさせていただきましたよ

何もない宇宙空間のような
だけど
ただ
そこに在るということが
どれだけ
ありがたいことかを
感じさせていただいたような気がいたします

そして
ご本尊さまも
私も
同じ存在なのだと〜
向き合う存在なのだと

本当に
個人的なお願い事をする場所ではなく
ただ世界平和を
世の平安を祈りたくなる
そんな聖地でしたよ

天川洞川巡り〜大峯山の登り口の〜

天川洞川巡り〜大峯山の登り口の〜 天川洞川巡り〜大峯山の登り口の〜 天川洞川巡り〜大峯山の登り口の〜 天川洞川巡り〜大峯山の登り口の〜 天川洞川巡り〜大峯山の登り口の〜 天川洞川巡り〜大峯山の登り口の〜 天川洞川巡り〜大峯山の登り口の〜 天河弁財天社の参拝を終えて
いよいよ洞川へ

だらにすけの看板が上がる
風情ある宿場を抜け

道の奥のおく
大峯山寺のある
山上ヶ岳への登り口
女人結界門まで来ました

ここからは
女性が入ることはできない
女人禁制の地

この先には
険しい山の尾根道に
数々の行場があって
吉野と熊野本宮を結ぶ
大峯奥駈道の
霊場なんですね

男性のnaohiさんは
ではちょっと行って参りますと
門の奥へ

行ってらっしゃい〜
気をつけて〜
私たちの代わりに見てきてね〜
元気でね〜と手を振って送り出し〜

悲壮感も
暗い感じもなく
とても明るくて
自然が豊かで
emikoさんとまだ咲いている桜を眺めながら
息子や夫を
行場へ送り出した
女人の気持ちを味わっておりました

ほどなく戻ってきた
naohiさんは
女人の私たちに遠慮したのか
うれしさを噛み殺したようなお顔
ホントにいい方なんだなあと思いつつ
感想を聞いてみると
良かったですと一言

またいつか
登りたいとも

普段
比叡のお山で鍛練されているので〜
きっと叶うことでしょう

私たち
応援しております〜

2013年5月23日 (木)

天川洞川巡り〜天河弁財天

天川洞川巡り〜天河弁財天 天川洞川巡り〜天河弁財天 天川洞川巡り〜天河弁財天 天川洞川巡り〜天河弁財天 栃尾から
再び
土砂崩れ現場を通って
天河弁財天社へ

鳥居をくぐり
手水舎で身を浄め
参道を登って
拝殿で参拝
独特の三角の形の神鈴を鳴らして〜ってうまく鳴りませんでしたが

お参りの女性の方々も
カップルさんも
賑やかに訪れていましたが




なんだか
以前と違った雰囲気

洗い流されて
なにもない境地
という言葉が浮かんでくるような気がいたしました

あとから伺ったのですが
社務所の屋根まで水が上がったのだとか

今ではきれいに
お庭の植木もみずみずしく
手入れされていました

皆さん大変なご苦労をされたのだと思いますが


神社の裏手に向かい
南朝北朝の慰霊の供養塔を
お参りしましたよ
お水を捧げて参りました

同行してくれた
naohiさんが
太平記を最近読まれていて
解説してくださいましたよ〜
ちょこっとだけ

天川洞川巡り〜栃尾観音堂の

天川洞川巡り〜栃尾観音堂の 天川洞川巡り〜栃尾観音堂の 天川洞川巡り〜栃尾観音堂の 天川洞川巡り〜栃尾観音堂の 天川洞川巡り〜栃尾観音堂の 天川村に到着して
天川弁財天から
川下に向かって
栃尾観音堂の円空仏さんにお参りを

小さな集落の皆さんが守る
小さなお堂のなかに
大切に
祀られていましたよ

大峰山の厳しい修行をした
円空さんが残した
聖観音菩薩像や
大弁財天像は

意外にも
やわらかな微笑みを
たたえていて

笑顔って大事だよって
教えていただいたような〜

ありがたや〜

途中の道で
山がひとつ
土砂崩れでなくなり
一昨年の夏とは違った風景になっていて驚きましたが

土砂が川を塞き止め
天川弁財天のある坪内の集落が
浸水したのだと…

ニュースで知ってはいましたが
実際に
荒涼とした
現場の風景を見ると
思わず言葉を失いました

栃尾の集落の方々に
お参りをする前に
ごあいさつして
お話伺ったら
わしらは大丈夫じゃったよ〜と
ニコニコ

大自然の優しさと
猛威を
改めて
感じることになった
参拝でした

天川洞川巡り〜丹生川上神社下社

一昨日は
天川洞川を巡ってまいりましたよ
吉野川を渡り
下市から山道を走って〜

まずお参りしたのが
丹生川上神社下社
水の神様を祀る
由緒ある神社で
古来
馬を奉納して
雨乞いや雨止みを祈願したそう

なんと
可愛い
白馬黒馬さんが
境内にいましたよ
何百年ぶりかで奉納されたのだそうで
神職さんが
気を使いながら
お世話されてましたが〜


拝殿前でお参りして
いのちの水をいただいて
御神木さんに捧げてまいりましたよ
キラキラと
きれいで〜

背後のお山に伸びる
階段状の拝殿も
キラキラ〜

六月一日には
例大祭があるのですね〜
とても混むと
神職さんおっしゃってましたが

今回同行いただいた
お馬さん好きの
emikoさんのお誕生日だったので
またびっくりでした

2013年5月21日 (火)

奈良の御所にて〜

奈良の御所にて〜 奈良の御所にて〜 おはようございます
今朝は大峯に向かってます

このあたりは
日本武尊の白鳥陵があるのですね〜
知りませんでした

朝ごはんをいただいてます
つばめさんも子供たちに朝ごはんを運んでます

2008年7月14日 (月)

真夏の夜の熱帯魚〜グッピー

真夏の夜の熱帯魚〜グッピー
土曜日に奈良・富雄の内藤さんへ鍼治療へー
で、グッピーもらってきちゃいました!
カワイイ〜〜

内藤さんのところで飼い始めた三匹のグッピーが〜異様に増えて〜小さな水槽に100匹はいましたねー

カワイイですねーと前回お話していたら
あげますよ
と〜

うちには実は60センチ水槽に長らく一匹だけコリドラスの生き残りがー

カワイイ新入りさんたちにびっくりしてましたよん

2008年7月12日 (土)

奈良大宇陀〜柿の葉寿司

奈良大宇陀〜柿の葉寿司
昨日の吉野〜大宇陀〜榊原温泉日帰り旅の続きを〜

道の駅大宇陀で買った柿の葉ずし
車の中でいただきます〜
鯖のお寿司と青くさわやかな柿の葉っぱがたまらないー
あわてて食べたので葉っぱを少し食べちゃったけどー
アジサイの葉っぱみたいに毒がないから大丈夫ねー

春の桜の頃とは打って変わって夏の大宇陀はしずかでー
また薬草料理も食べにきたいわ〜
冬の大宇陀も寒くていいけどね〜

2008年7月11日 (金)

吉野山の宿〜宝の家

吉野山の宿〜宝の家
宝の家さんの露天風呂〜
桜の季節は一面桜色の景色だそうー
日帰り入浴1500円も〜

吉野金峯山寺

吉野金峯山寺
やってきましたー
吉野山の金峯山寺〜山門

このブログの使い方~

  • このブログの便利な?使い方~akikoからの伝言
    検索でこのサイトに来た方は… ①上の「~/メイン/~」の両側のタイトルをクリックすると~前後の記事に飛べます ②下の投稿時刻の横にあるカテゴリー名をクリックすると~同じテーマの記事をまとめて見ることができます ③「メイン」をクリックすると~最新の記事が見られます ④小さな写真はクリックすると大きくすることができます ~お引越しして使いにくくなっちゃってゴメンナサイ~

お知らせ~

お世話になっております~リンクリスト

今夜のお月様と星空