2013年6月25日 (火)

京都にて〜瓜生山さんの大蛇

京都にて〜瓜生山さんの大蛇 京都にて〜瓜生山さんの大蛇 京都にて〜瓜生山さんの大蛇 京都にて〜瓜生山さんの大蛇 やっぱりオロチ大好き〓

見るごとに
会場ごとに
いろんなフォーメーションがあって
面白い〜

演じている人も
体力あってすごいなあと

お酒ののみっぷりも
良かったあ

京都にて〜いとしのオロチとスサノオと〜瓜生山舞子連中さん

京都にて〜いとしのオロチとスサノオと〜瓜生山舞子連中さん 京都にて〜いとしのオロチとスサノオと〜瓜生山舞子連中さん 京都にて〜いとしのオロチとスサノオと〜瓜生山舞子連中さん 京都にて〜いとしのオロチとスサノオと〜瓜生山舞子連中さん 京都にて〜いとしのオロチとスサノオと〜瓜生山舞子連中さん 京都にて〜いとしのオロチとスサノオと〜瓜生山舞子連中さん 京都にて〜いとしのオロチとスサノオと〜瓜生山舞子連中さん というわけで〜?
昨日は京都で
いとしのオロチさんと
スサノオノミコトさんに
お会いしてきましたよん

京都造形芸術大学のサークル
瓜生山舞子連中の皆さんによる
石見神楽の
学内での公演に出かけたのです

京阪出町柳駅を降りると雨
やはりオロチは龍?
雨を呼ぶのでしょうか

春秋座へ向かうと
たくさんの方々
この日は
一般〜社会人向けの講座があったそうで
帰りに立ち寄られた年配の方々も
熱心にご覧になってましたよ

おめでたい
恵比寿大黒に引き続き
いよいよ人気演目の大蛇〜オロチ

JRの島根県キャンペーンのポスターでおなじみになりましたが

高天ヶ原から出雲の国に降り立ったスサノオノミコトが
出会った老夫婦とクシイナダ姫を救うため
オロチを退治するというストーリー

スサノオノミコトも素敵ですが

老夫婦が作ったお酒を飲み干して眠っちゃったり
とぐろを巻いて暴れるオロチも
私は大好きなんです〜

皆さん大熱演されていて
なんだかスカッといたしましたよ
勇気をもらえましたよ


本来は農耕儀礼であったという田楽の影響を受けているという神楽
もとは
神社祭礼の奉納

雨乞いと
五穀豊穣と
人々の幸せを祈る
舞だったような気がいたしますよ

帰り道は雨もあがって
しっとりとした京都の街を
歩いてながめて
帰りましたよん

やはり今年は
オロチな年に〜

京都にて〜恵比寿さん大黒さん

昨日は京都へ

京都造形芸術大学の春秋座へ

いとしの石見神楽

見に行ってきましたよ!

ご縁あって
親しくさせていただいている
学生サークルの皆さん


まずは恵比寿&大黒

瓜宇山舞子連中の方々
楽しく豪快に舞って
奏でておられましたよ〜

飴を撒いたり
鯛を釣り上げたり


新入部員大募集だそうで

私も学生だったら入りたい〜 130624_182155.3gpをダウンロード

2013年6月23日 (日)

吹田散歩〜泉殿とビールと

吹田散歩〜泉殿とビールと 吹田散歩〜泉殿とビールと 吹田散歩〜泉殿とビールと 吹田散歩〜泉殿とビールと 吹田散歩〜泉殿とビールと 吹田散歩〜泉殿とビールと 吹田散歩〜泉殿とビールと 吹田散歩〜泉殿とビールと 吹田散歩〜泉殿とビールと 吹田散歩〜泉殿とビールと 今日は
父が参加しているオーケストラのコンサートが開かれた吹田へ

なかなか楽しかった演奏会の帰り道
足取りも軽くつい
阪急吹田駅を通り過ごしてしまい
とても雰囲気の良い神社の鳥居の前へ

お参りに伺ってみたら
泉殿宮という神社だそうで

泉のごとく力が湧き出て
厄を払い運を開くという
ご利益があるとか

本殿をお参りすると
御祭神は
ウカノミタマノカミと
スサノオノミコト様!

境内をめぐってみると
社殿の下に
泉が祀られている!!

これは〜と
レア物の期間限定
芽輪のお守りをいただき
社務所でお話を伺うと
日照りで困ったときに
姫路から祇園さんのお神輿をお迎えして
そのお旅所で
泉がわいたのだとか〜


さらに
この水

アサヒビールの創成期
創業の際に
ドイツミュンヘンの麦酒会社に
送ったところ
ビール作りに適していると
お墨付きをいただいたとか…

今は周囲に水田もなくなり
枯れてしまっているそうですが〜

境内にはアサヒビールが奉納した鳥居

近くにはビール工場〜明治時代のレンガ造りの建物も残り
創業の地だったということが
わかりましたよん


びっくりしました
日本のビールのスタートが神社の聖なるお水だったとは

で飲みたくなって
大阪駅のカフェで
ビールを

アサヒではなく
カールスバーグでしたが〜

これからビール飲むときは
この地の泉を思いますね
スサノオノミコトさま
ありがとう!

2013年6月22日 (土)

夏至〜満月のお月さま

夏至〜満月のお月さま 今夜のお月さま
きれいです〜うっとり

夏至の翌日
満月の前日

麗しいお月さま
楽しませていただきますよん〜

2013年6月21日 (金)

夏至の日に〜万物流転

夏至の日に〜万物流転 夏至の日に〜万物流転 夏至の日に〜万物流転 夏至の日に〜万物流転 台風が九州地方に
近づいておりますが
皆さまご無事でお過ごしでしょうか

今朝はなぜか
早くに目が覚めて
夏至の日を
静かに迎えておりました

あちこちでは
夏至のお祭りが行われるのでしょうか
伊勢の二見浦の夫婦岩から昇る日の出とか
元伊勢のお山に沈む夕日とか

明かりを消して過ごす
キャンドルナイトとかもあるようで

大阪は
昨年12月の冬至と同じく
曇り空で
日の出を拝むことは
できませんでしたが

湧き出る雲に包まれた山並みの
神秘的な風景を
眺めることができましたよ

思えば
14年前のこの日に
この地に来て
北東の空に昇る
夏至のまぶしい太陽を
感動しながら眺めたのでしたっけ
それ以来
驚きをもって
毎朝の山景色を
眺めているのですが…


録画しておいた
新TV見仏記小浜篇を
昨夜見ていて
みうらじゅんさんの
万物流転という言葉
なんだかしみじみと考えていましたよ

山並みの風景も
変わらないようでいて

でもいつの間にか
高速道路が走ったり
建物がたて変わったり


長年葉っぱだけだった胡蝶蘭が
今年は茎を伸ばし
蕾がついて

枯れたとおもっていた
三角サボテンさんも
三年前から
龍のような茎を伸ばし
今年は特大の茎が〜

小さな芽を出した
サボテンさんも
新しい鉢に植え替えましたよ

同じようでいて
新しい朝
新しい景色

新しい世界が
始まるような
気がしています

2013年6月15日 (土)

高野山にて〜青葉まつり

高野山にて〜青葉まつり 高野山にて〜青葉まつり 高野山にて〜青葉まつり 高野山にて〜青葉まつり 高野山にて〜青葉まつり こうやくんも登場
愛想振りまいてます

警察の鼓笛隊も素敵です〜

雨もなんとか降らずにもってますよ

高野山にて〜青葉祭

高野山にて〜青葉祭 高野山にて〜青葉祭 高野山にて〜青葉祭 高野山にて〜青葉祭 高野山にて〜青葉祭 JAFのお兄さんに助けていただき
パンク修理を終え
和歌山城から高野山に無事に到着

青葉祭
撮影できましたよん

躍りの列が続きます
おだいしさまの誕生日です

大きな木の下で〜和歌山城の

大きな木の下で〜和歌山城の 大きな木の下で〜和歌山城の 大きな木の下で〜和歌山城の 大きな木の下で〜和歌山城の 大きな木の下で〜和歌山城の 和歌山城で
JAFさんを待っていたところ
ささっとイケメンのお兄さんが来て治してくれましたよ
タイヤのボルト抜いて
処置してくれましたよ

おかげで熊のベニーちゃんも見れましたよ

良かった良かった
というわけで〜
無事に次の目的地へ〜

大きな木の下で

大きな木の下で 大きな木の下で 大きな木の下で 和歌山に到着〜
お城を撮影〜

と思いきや

タイヤに異音

ボルトが刺さってました!?

ただいまJAFさんを待ってます〜
入ってて良かった〓

紀の川SAにて

紀の川SAにて 紀の川SAにて 紀の川SAにて 紀の川SAにて おはようございます
今朝は再び和歌山へ

朝ごはんいただいてます

新発売?の瀬戸内レモンパン
甘酸っぱいです

昨夜は熊野生流倶楽部で
熊野のゆらぎについて
おもしろい話聞けました

だから熊野に癒されるのかとも納得しながら

すべてを包んでくれる風景
ながめてます


久しぶりの雨?
降ってくれるとうれしいですが
撮影の間は上がってて〜
と勝手なお願いしながら

しかし親子連れ多いです
今日は土曜日
パンダ見に行くのかな

2013年6月14日 (金)

今日のお弁当の

今日のお弁当の このところ
無性に
野菜を食べたくて
rumiさんにいただいたもずくと一緒に
キャベツやトマトを刻んで
簡単なお弁当を持ってってます

上に添えたのは
十日ほど前に種を植えた
ラディッシュの
ベビーリーフ

まだまだ根もひょろりとしてますが
ほのかな辛味もあって
おいしかったですよん

元気よく芽を出したものの
大阪の日照り続きに
しなびかけてましたが
なかなか頑張ってくれてます

せっせと水やりしなきゃです
取材に出ている間に
枯れかけたことも

今日の大阪は最高気温36度
暑すぎる〜


降ってほしいです

梅仕事の翌朝の

梅仕事の翌朝の 昨夜漬けた梅酒

一晩たったら
氷砂糖が溶けて
梅さんたちも少し色づいて
ぽっかり浮かんでます

どんどん変化していくのが
おもしろい〜ワクワクします

季節の移り変わりを
感じさせてくれて
私も
変化を促されているようで〜

植物さんたちに教えられてます

2013年6月13日 (木)

大阪にて〜梅仕事

大阪にて〜梅仕事 大阪にて〜梅仕事 大阪にて〜梅仕事 大阪にて〜梅仕事 土日の熊野の旅から無事に戻ってきておりまして
その翌日には
とある大阪のおうちにお邪魔して
梅もぎさせていただきましたよん
誰もとる人がいなくて
ただ地面に落ちるのを
待ってるなんて
かわいそうで
もったいなくって〜

ちょっと早めの収穫でしたが
おうちのひとにも
喜んでいただきましたよん


昨日は収穫した梅を
水につけてアク抜きして
干して乾かして

今日はいよいよ漬け込み作業いたしましたよ

まだまだ固い
しっかりした梅の実だったので
梅酒にしてみました〜
仕事帰りにあわててスーパー駆け込んで
ホワイトリカーを入手して

より分けて
黄色く色づいた梅は
砂糖に漬け込んで
シロップ&ジャムに

小粒の青い固い実は
醤油づけにもしてみましたよ


梅仕事と言うのだそうですが
梅をより分けていると
部屋中がいい香り

元気をいただくことができたような〜

熊野の松本峠で
七里御浜を眺めていたとき
梅林で実っている梅と
収穫している農家さんを見て
そろそろ梅仕事
したいなあと思っていたら
なんと帰ってから大阪で収穫の機会を得ることが〜

いただいた梅のパワーで
今年の夏を元気に乗り切ります!!そして
聖地を
めぐりますよん
野を越え
山を越え
海を越えて〜

忘れないうちにレシピを

梅酒
梅700グラム
氷砂糖550グラム
ホワイトリカー1700㏄
冷暗所へ
ときどきゆする

梅シロップ&ジャム
梅200グラム
てんさい糖180グラム
冷蔵庫へ
つけておいて数日後に鍋で煮る

醤油梅
梅100グラム
醤油100㏄
冷蔵庫へ

じっくり待つのも楽しみです〜

2013年6月 9日 (日)

熊野旅〜始発

熊野旅〜始発 熊野旅〜始発 始発電車が
走り出しましたよ

私も始動いたします!

ひとびとに出会う旅
聖地をめぐる旅を

新月の夜中に
願い事を…
というか
決断を迫られた気がしました

熊野旅〜夜明け前の

熊野旅〜夜明け前の 熊野旅〜夜明け前の 熊野で朝を迎えました

不思議な予感でふと目覚めたら
真っ赤な朝焼けの空
一瞬の風景でしたが
カメラに納めましたよ

まだ始発前の駅も見えます
つながった鉄橋も

穏やかな川の流れ
鳥たちが鳴いて
平和な風景

昨日は
熊野古道を断片的に歩いて
クルマで走って
中辺路〜熊野本宮〜熊野川のほとりを走り
新宮から浜街道を北上して
この地にたどり着きました

熊野では
井戸川の上流へ遡り…大馬神社へ
一昨年の大水害の傷痕がまだまだ残る
すさまじい風景と
神秘的な聖地の様子
目の当たりに

そんな川とともに暮らす人びとの営みが
いとおしくも思えましたよ

久しぶりに会えた
熊野の人たち
とても個性的で
魅了されました


今日も旅を続けます

2013年6月 8日 (土)

熊野旅〜紀の川SA にて

熊野旅〜紀の川SA
 にて 熊野旅〜紀の川SA
 にて 今朝は和歌山…熊野へ〜

SAでは
ちょっと霞の空
暑くなるかな〜

ツバメさんたち
まもなく巣立ちかな

2013年6月 7日 (金)

春日旅〜森神社

春日旅〜森神社 春日旅〜森神社 春日旅〜森神社 春日旅〜森神社 春日旅〜森神社 春日旅〜森神社 安倍山をお参りした一行
北上して三輪山を眺め
石上神宮の入り口を眺めて
天理市内へ

森神社は
国道沿いの小さなお社
ですが
式内社の太祝詞神社であるとの説も〜対馬からかんじょうされたという…

それもすごいのですが
道で寸断された森の奥に

祓戸社〜その名も姫大神社〜が残されて
川のほとりにみそぎ場の跡も

その昔
伊勢の斎宮も
そして
大峯山の修験者もここで身を清めたのだとか…

いろんな歴史を人びとを
この大きな木の傍らの
小さな祠に祀られた神様は
見守ってこられたのだろうなと

旅の最後に
とてもとても
素晴らしいところに
たどり着いたのでした
感動でした〜


感動のあまり
奈良の駅前で
美味しいお酒を
yukoさんと
いただいたのでした〜

豊祝の生酒
美味でした〜

みなさま
ありがとうございました〜

春日旅〜安倍山史跡と安倍文殊院

春日旅〜安倍山史跡と安倍文殊院 春日旅〜安倍山史跡と安倍文殊院 春日旅〜安倍山史跡と安倍文殊院 春日旅〜安倍山史跡と安倍文殊院 春日旅〜安倍山史跡と安倍文殊院 春日旅〜安倍山史跡と安倍文殊院 春日旅〜安倍山史跡と安倍文殊院 春日旅〜安倍山史跡と安倍文殊院 春日旅〜安倍山史跡と安倍文殊院 春日旅〜安倍山史跡と安倍文殊院 春日の神様の
御神蹟を尋ねる一行

室生からバスで今度は
桜井近くの
安倍山界隈へ

藤原京の東に位置するおやま
安倍山に
タケミナカタノミコトさまが鎮座されていたそうで〜
のちに平城京の東に位置する
春日山に遷座されるのですが

その
旧鎮座地界隈は
古墳やら
柿の木と栗の木畑

安倍寺の跡や
安倍文殊院
そして安倍晴明さんが天体観測したという高台があったり

陰陽道の関わりから
白山神社がまつられていたり

お参りした
御本堂の国宝文殊菩薩像は快慶の作で
これまた獅子に乗った旅姿で
とってもイケメンさん…
なんだかバイクに乗ってる姿みたいだなあと
思いましたよ
カッコいい!!

神様も仏様も
皆さん旅するんだなあと
つくづく思いましたよ

春日旅〜室生寺前の

春日旅〜室生寺前の 春日旅〜室生寺前の 春日旅〜室生寺前の 室生龍穴神社から
室生寺門前の
橋本屋さんでお昼ごはん〜

山菜料理
やまといもがとろりとして
とっても美味でしたよん

食後に
界隈を散策して
川を望む茶店というか
よもぎいり回転やきやさんの
テラス席に座って
川を眺めてひとときを

手作りの甘酒も
濃厚で美味しく
夏バテ解消できそうな


室生寺への橋が見えて
いい眺めです

室生龍穴神社の祭礼では
室生寺の特別な門を開けて
参拝の行列が進むのだとか

つながっているんですね〜

川の水が少なくて
鮎が育つか
心配になってしまうほど

どうか恵みの雨を〜

このブログの使い方~

  • このブログの便利な?使い方~akikoからの伝言
    検索でこのサイトに来た方は… ①上の「~/メイン/~」の両側のタイトルをクリックすると~前後の記事に飛べます ②下の投稿時刻の横にあるカテゴリー名をクリックすると~同じテーマの記事をまとめて見ることができます ③「メイン」をクリックすると~最新の記事が見られます ④小さな写真はクリックすると大きくすることができます ~お引越しして使いにくくなっちゃってゴメンナサイ~

お知らせ~

お世話になっております~リンクリスト

今夜のお月様と星空