« 2013年2月 | メイン | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月29日 (金)

新名神〜土山SA にて

新名神〜土山SA
 にて 新名神〜土山SA
 にて 新名神〜土山SA
 にて お月さまがきれいです〜
不思議な傘をかぶってましたよ

高速バスと引っ越しの車が多いです〜

春の旅立ち〜霧のハイウェイ

春の旅立ち〜霧のハイウェイ 春の旅立ち〜霧のハイウェイ というわけで〜

またまた旅に出ております

京滋バイパス
新名神は
霧です

ドライバーの方は走行注意です

2013年3月28日 (木)

春の旅立ちの前に〜大阪お好み風キッシュ

春の旅立ちの前に〜大阪お好み風キッシュ 今日は
春の旅立ちの準備で家におりまして〜

お腹減ったなあと
ありもんで作った
お好み焼き風キッシュ?が
とても美味しく〜

忘れないうちに
レシピをメモしますと

小麦粉60グラム
水60CC
卵一個
白菜小の葉っぱ二枚
丸もち一個
とろけるチーズ一枚
しらす大さじ一杯位

小麦粉と水、卵をボウルにいれかき混ぜ
白菜、お餅、チーズを刻んで
しらすと共に加えてさらにふわりとかき混ぜる

油をひいた鉄鍋で
弱火で表裏をじっくり焼いて
出来上がり

ネットのお好み焼きレシピを参考にしつつ
かなりアレンジ

キャベツがなくて白菜を使ったのでしっとりお総菜風に

お餅とチーズが歯ごたえあって
しらすがほどよい塩味
美味でした

時々お餅とチーズがにゅーってのびるのもいい感じ

これって
大阪風キッシュって感じかしら
いやフランス風お好み焼き?

おたふくソースと
マヨネーズも合いましたよ

キムチがなくて
隠し味に金龍のやきにくのたれをいれたのもなかなかいけてましたよー

大阪の桜〜靱公園

大阪の桜〜靱公園 大阪の桜〜靱公園 大阪の桜〜靱公園 大阪の桜〜靱公園 昨夜は靱公園〜うつぼこうえん〜を通って夜桜を

もう咲いてるんですね〜
垂れ桜きれいでした
広場の桜も五分咲きぐらいかなあ
見上げると
花たちも微笑んでいるようで
うれしくなりました

静かな公園で
ひとり楽しみましたよ〜

土日にはきっとたくさんの方々が訪れるでしょうね

大阪の桜〜大阪駅にて

大阪の桜〜大阪駅にて 昨日は大阪駅へ

天空の広場から
ビルの上の広場へ向かうと
桜がちらほら咲き

子どもたちもはしゃいで遊んで
春がすぐそこに

越前旅〜えちぜんでカニを

3月20日の越前旅のラストは
もちろん
季節最後の越前かにを食しに
港の食事どころ
えちぜんへ〜

越前かにの最大の水揚げ港に面して立つお店だそうで
ちょうど
3月20日までの漁期の
最後の漁から帰ってきた船が
店の窓から見えました

漁師の父が誇りをもって捕る美味しいカニを
そのまま美味しく食べてもらいたい〜と
美人娘さんとお母さんがやっている食事処で
以前に伺ってすっかりファンに

今回は
コースをいただきましたよん〜
一万二千円と奮発いたしましたが充分みあう価値ある内容


二人だったので
カニは二杯ぶん
一杯は焼きガニとお刺身

もう一杯は蒸しガニで

もう〜堪能いたしましたよん
思い出すだけでも気分が高揚します〜〓

香ばしいミソも
トロリととろける甘さのお刺身も
姿そのまま出てきた蒸しガニも
ホンマに絶品でした


食べきれなくて
蒸しガニをお持ち帰り〜

実家の母にお土産にしたら
偶然その日放映された
所さんのダーツ旅を録画していてくれて
なんと
トコさんが越前市を訪ねて
このえちぜんさんで
私が食べたのと同じカニを召し上がってましたよん

素敵なお父さんも出ていて
面白かったあ

最後までミラクルな旅でした

越前の女神さまたち
ありがとう〜

2013年3月27日 (水)

越前旅〜水仙と春分の太陽

越前旅〜水仙と春分の太陽 越前旅〜水仙と春分の太陽 越前旅〜水仙と春分の太陽 さらに行くと
あちらこちらにまだ水仙が
残っていて
思わず車をとめて眺めましたよ〜


3月20日のこの日
ずっと朝から曇り空だったのに
海岸が明るくなってきて
お日さまがキラキラ〜!

真西に太陽が
沈むのでしょうか

この向こうには〜
出雲か
石見か
何てこと思いながら

何かが
春から新しく始まる
とうれしくおもいましたよ〜

越前旅〜呼鳥門

越前旅〜呼鳥門 越前旅〜呼鳥門 越前旅〜呼鳥門 越前旅〜呼鳥門 越前旅〜呼鳥門 越前旅〜呼鳥門 おもしろくて楽しかった?東尋坊から
海沿いを南へ走って
越前海岸へ

途中
呼鳥門に立ち寄りましたよん
観光名所になっていますが
かつては車道の天然トンネル

巨大な岩が
橋のようにアーチをかけているようすは
やはり偉大

崩落して
危ないので
隣に新たにトンネルを開通させて
こちらは通行止めになってるんですが

自然は我関せず〜
ってこと思いましたよ
人間が勝手にトンネルとして利用していたけど
そりゃ石も風化して崩れるし
滝水も流れる
それが自然の摂理
ってことでしょうか


新しいトンネルの入り口には滝がザアザアと流れていて
パーキングから歩道橋のようなところを歩いて間近に眺めることもできるんですよね〜

パーキングには
愛染明王を祀るほこらと
水仙に由来する美しい娘の悲恋を描いた碑も

水仙は
厳しい自然のなかで
咲いているからこそ
美しくたくましく
感じられるのかしら

春の訪れを
感じさせてくれる
私の好きな花です

2013年3月26日 (火)

越前旅〜東尋坊

越前旅〜東尋坊 越前旅〜東尋坊 越前旅〜東尋坊 越前旅〜東尋坊 さて
恐竜博物館
平泉寺白山神社
永平寺門前のおそばを堪能したあと
クルマで一時間ほど北上

いよいよやって参りました
福井観光のハイライト?
東尋坊

そのように考えるかたも多いようで
たくさんの車
そして観光客のみなさん
それぞれ
土産物屋通りを冷やかしながら歩いて
切り立つような岩がそびえる
海岸へ

なぜか女の子は
勇ましくポーズして写真撮影
男の子は
へっぴり腰で歩いて
危ないやん
そっちいったら落ちるやん
と大騒ぎしてるのが多いように見受けられて

しまいに
男の子たち
怖さをごまかすために
ジャジャジャーン〜と
火曜サスペンスごっこしてましたよ

親子連れの周りの観光客さんたちに
白い目で見られてましたが〜

そういう私も
勇ましくかけおりた方ですが
すみません

越前旅〜永平寺そばの山楽

越前旅〜永平寺そばの山楽 越前旅〜永平寺そばの山楽 越前旅〜永平寺そばの山楽 平泉寺白山神社に参拝して
感動したあと
おなかすいた〜
お昼ごはんを〜と
向かったのが
永平寺の門前にある
山楽というおそばやさん

まえに訪ねたことがあり〜
電話で30分後ぐらいに行くと伝えたら
お母さんが
外まで出て
笑顔で迎えてくれましたよん

がんこおやじの手打ちそば
今では〜お父さんなきあと
娘さんが技を受け継いで
頑張ってましたよ

ちゃんと新聞の記事も
店内や外にも貼っていてくれてます

シャキッとして香りよい
喉ごしいいおそば
堪能しましたよ

同行者さんはざるそば
私はあたたかいぷらそばとなめこおろしそばのセット

どれも美味でしたが
福井のおそばは
やはり
冷たいぶっかけの
おろしそばがメジャー

健康になる〜って
感じがしましたよ

でも寒かったので
デザートに頼んだ
ゴマ豆腐入りの
おぜんざいも
とっても温もって
美味しかった〓

数年ぶりに訪れたのに
覚えていてくださった
お母さんの笑顔と
娘さんの元気そうな姿に
またまた感激
元気をもらいましたよん〜

ここから北へ向かいましたが
あちこちのお店
ちょっと新しくなってましたよ
ゴマ豆腐の店で
お買い物もしましたよん〜

2013年3月23日 (土)

越前旅〜平泉寺白山神社の

越前旅〜平泉寺白山神社の 越前旅〜平泉寺白山神社の 越前旅〜平泉寺白山神社の 越前旅〜平泉寺白山神社の 越前旅〜平泉寺白山神社の 平泉寺白山神社の
杉木立に包まれた
参道をゾクゾクしながら
歩いてあるいて〜

石段を上って
まだ雪が足元に残る拝殿
そしてその奥の御本社へ

拝殿はかつては
三十三間の長大なものだったそうで
苔むした境内地に
礎石が残されているのが
なんともいえず
凄みがありましたよ


御本社はそれぞれ白山の神々を祀る三つのお社があって

白い雪囲いに覆われてましたよ
なかをのぞかせていただくと
梁や柱に
龍の彫刻〜


白山の神々さまをお参りするのは
初めてだったので
なんだかドキドキでしたよ

新しい世界
領域へ足を踏み入れて行くような
そんな気がしました

春から
新しく〜

地元のかたかしら
おばあさんが
一生懸命お参りされていましたよ
イザナミノミコト様
母なる女神さまに
何をお祈りされていたのでしょうか

越前旅〜平泉寺白山神社にて

越前旅〜平泉寺白山神社にて 越前旅〜平泉寺白山神社にて 越前旅〜平泉寺白山神社にて 越前旅〜平泉寺白山神社にて 越前旅〜平泉寺白山神社にて 白山信仰の発祥地
中世にはその中心地として
強大な力をもち
一向一揆で灰塵に帰したという平泉寺
いまは平泉寺白山神社として
ひっそりと〜

杉並木の参道入り口に立つと
それだけで幽玄な雰囲気がひしひし

なんと
イザナミノミコトさまを主祭神としてお祀りしているのですね〜
白山の神様だから
ククリヒメさまだとばかり思っていたのでびっくり

出掛けるまえにひいた
日本の神様カードで
イザナミノミコトさまがでた意味がわかりましたよ

春分の日でしたが
まだ雪が残って
まるで恐竜の骨みたいに

手水舎の水道が出なくて
浄めなくては〜と
御手洗池に降りたら
そこは
白山の神様が降臨した聖地

お清め場もあって

とても清らかでしたよ
怖いぐらい静かで

平泉寺の名も
ここからついたとか

2013年3月21日 (木)

越前旅〜平泉寺白山神社

越前旅〜平泉寺白山神社 越前旅〜平泉寺白山神社 越前旅〜平泉寺白山神社 越前旅〜平泉寺白山神社 まずは最初の目的地
平泉寺白山神社に11時ごろに到着
集落の真ん中にある
駐車場にクルマを停め
神社入り口へ〜

かつては強大な力をもち
多くのひとが集まった地

周辺は国の史跡に
もうすでに風格と風情がたっぷりで
感動です

まずは
資料館に立ち寄り
歴史と白山信仰についてちょっとお勉強
発掘現場からの
出土品もいろいろ展示されていて
興味深かったですよ

越前旅〜ミカミヤマとキョウハクと

越前旅〜ミカミヤマとキョウハクと 越前旅〜ミカミヤマとキョウハクと 越前旅〜ミカミヤマとキョウハクと 越前旅〜ミカミヤマとキョウハクと 越前旅〜ミカミヤマとキョウハクと 昨日の春分の日
朝6時に大阪を出発
名神〜北陸道で福井へ

三上山の麗しい姿は霞のなか
多賀SAでちょっと休憩

福井北インターで降りて
竹人形の里に立ち寄って
朝10時半には恐竜博物館の前へ

地元の親子連れさんがたくさん訪れて
恐竜の滑り台や遊具で遊んでましたよ〜

化石発掘体験も開かれてましたよ〜

春分〜あっぱれな朝

春分〜あっぱれな朝 昨日は春分の日
皆さまはどう過ごされましたでしょうか

私は〜
またまた日帰り旅に
出かけて参りましたよ

福井越前
母なる女神さまと美味な旅〜

無事に帰ってきて
今朝は東の空から昇った
お日さまを
拝むことができましたよん

感謝です
晴れ晴れ
あっぱれな気分です

和歌山旅〜真田庵& 幸村庵

和歌山旅〜真田庵&
 幸村庵 和歌山旅〜真田庵&
 幸村庵 和歌山旅〜真田庵&
 幸村庵 和歌山旅〜真田庵&
 幸村庵 和歌山旅〜真田庵&
 幸村庵 和歌山旅〜真田庵&
 幸村庵 長々書いてきました2月末の和歌山旅のラスト

慈尊院をお参りしたあと
九度山駅や九度山町役場のほどちかくの
真田幸村が蟄居したという
真田庵のおとなりにある
おそばやさん
幸村庵へ

鶴田真由さんが
BS日テレの番組の撮影で訪れていた店
サインも袋入りのまま見せてくださいましたよん

信州のそば粉を使ったざるそばはシャキッと美味で
カメラマンさんの頼んだ温かいおそばと天ぷらのセットも美味しそうでした

花山温泉に始まった日帰り和歌山旅
女人高野の寺社をめぐって
九度山の真田庵がシルエットになる夕日で締めくくり〜
素敵でしたよん

2013年3月18日 (月)

和歌山旅〜丹生官省符神社と町石道と

和歌山旅〜丹生官省符神社と町石道と 和歌山旅〜丹生官省符神社と町石道と 和歌山旅〜丹生官省符神社と町石道と 和歌山旅〜丹生官省符神社と町石道と

皆さまのありがたいコメントやメッセージに励まされ〜
ぼちぼち書き綴っております
和歌山の旅

さて
夕方にたどり着いた女人高野
慈尊院

その裏手にそびえる石段を
えっちらおっちら
登ったところに
かつては慈尊院と同じく
高野山の政所として機能したという
丹生官省符神社があります

参道の石段の傍らには
卒塔婆のかたちの180町石が立ってます
町石道のスタート地

これは高野山の根本大塔が立つ檀上伽藍へと向かう道しるべで
町石の一つ一つが密教曼陀羅の胎蔵界の180の仏さまを表しています
ひとつひとつ拝みながら歩けば
高野山へたどり着くという
壮大なマンダラなんですねぇ
こないだ気づいてとても感動したのですが

そしてもうひとつの曼陀羅
金剛界は
奥の院からの36本の町石と町石道で
表現されているんですね〜
すごいすごい!

その二つの曼陀羅の世界が
出合う檀上伽藍にそびえる根本大塔では
胎蔵界と金剛界の仏さまが一緒に安置されて
一緒にひとつの世界を表していて〜
私は
弘法大師さまが
日本に伝えた真言密教って
ふたつの世界の
どっちがいいとか良いとかではなくて
どちらも大事
ふたつの世界の融合が大切と
教えてくださってるのではないかと〜
めちゃめちゃ感動でした


話が膨らみましたが

それで
この丹生官省符神社は
高野山への入山許可証を出したところなんだと
御朱印をもらいにいった社務所で神職さんが教えてくださいましたよ

そしてこの境内から
お大師さまがおられる奥の院の裏の山の峯が見えるんだよとも

だから入山を許されず
お山まで登ることも叶わなかった女性たちは
この地から
お大師さまがおられる高野山を
仰ぎ拝んだのでしょうね〜

お大師さまだけでなく
出家してしまったひとのことも
思ったのかもしれません

苅萱道心さんとか
西行さんとか
女性に思われたお坊さんも
いたわけで〜

と話がまたもやそれてしまいましたが~

2013年3月16日 (土)

和歌山旅〜慈尊院

和歌山旅〜慈尊院 和歌山旅〜慈尊院 和歌山旅〜慈尊院 和歌山旅〜慈尊院 2月28日に出かけた
和歌山花山温泉〜風土記の丘〜紀の川沿岸日帰り旅の続きです〜

丹生都比売神社で参拝をすませ
まだ間に合うはず…と
九度山町の慈尊院へ

高野山を開いた弘法大師を追って訪れた母が
女人禁制だったお山に入れず
高野山のふもとに暮らし
弥勒菩薩を信仰して開いた庵が始まりとか

かつての高野山の表玄関口で
紀の川のほとりから
このお寺の横から高野山への町石道も通っていて
女人高野と呼ばれた場所

というわけで
女性がお参りしたお寺として
有吉佐和子さんの小説
紀の川にも登場しますが
お乳の形の手作り絵馬が掛けられてるんですねぇ

安産子育て祈願とされていたのですが
最近では
乳がん平癒祈願の絵馬も奉納されるようになって
昨年大きな絵馬も奉納

女性たちの
大きな心の支えとなっているようですよ

高野山から
お嫁さんを迎えて
子宝を授かった
副住職さんが
いろいろ教えてくださいましたよん

境内には
新しいみろく石も〜

和歌山〜丹生都比売神社

和歌山〜丹生都比売神社 和歌山〜丹生都比売神社 和歌山〜丹生都比売神社 和歌山〜丹生都比売神社 和歌山〜丹生都比売神社 太鼓橋の横の参道を通って
滑り止めの筵が敷かれた橋を渡り
拝殿前へ

まだ軒下には雪が残っていましたよ

拝殿の奥に並ぶ
四つの御本殿には
丹生都比売さまと
狩場明神さま
それに
厳島の女神さま
気比の女神さまが祀られていて

この数日前にBS日テレで見た鶴田真由さんの
参拝の様子も思い出されて
とてもとても
麗しい雰囲気が漂っていましたよ

女神さまたちを祀る
麗しい聖地なんですねぇ

弘法大師を高野山へ導いた
狩場明神の二匹の犬にちなんだおみくじや
黒と白の犬の交通安全ステッカーもありましたよ

犬の聖地に
今後なるのかも?

2013年3月 7日 (木)

和歌山〜丹生都比売神社へ

和歌山〜丹生都比売神社へ
和歌山〜丹生都比売神社へ
和歌山〜丹生都比売神社へ
和歌山〜丹生都比売神社へ
和歌山〜丹生都比売神社へ
かつらぎ町の
紀の川のほとりの
道の駅紀の川万葉の里から〜

天野の里の
丹生都比売神社まで
国道と山道をクルマで走って30分ほど

やまのうえにひっそりとある
隠れ里のようなところですが
田園風景が美しくて
やわらかな空気に包まれてるんですよね〜
この天野って

弘法大師空海さんも
真言密教の道場を開こうと
あちこち探しまわっていた時に
狩人さんと二匹の犬に導かれて
この里にやって来たそう

そして〜丹生都比売〜にうつひめ様に出会って
高野山に道場を開くことを
許されたのだとか…

丹生都比売様は
天照大神の妹神さんなのだそうで

ここを訪れると
なぜかお日さまがキラキラ〜
とても麗しさを感じます
参道を歩いてドキドキです

淀君が寄進したという
太鼓橋
住吉さんの橋と同じ建築用式とか
4月にはここで
花の祭りが開かれるんですよね〜

このブログの使い方~

  • このブログの便利な?使い方~akikoからの伝言
    検索でこのサイトに来た方は… ①上の「~/メイン/~」の両側のタイトルをクリックすると~前後の記事に飛べます ②下の投稿時刻の横にあるカテゴリー名をクリックすると~同じテーマの記事をまとめて見ることができます ③「メイン」をクリックすると~最新の記事が見られます ④小さな写真はクリックすると大きくすることができます ~お引越しして使いにくくなっちゃってゴメンナサイ~

お知らせ~

お世話になっております~リンクリスト

今夜のお月様と星空